ある日のカノー姉妹


とある日の、熊本市動植物園のみかさんときょうこさん。
成長しました。
最近、牛とかヤギとかヒツジとか・・・家畜系に惚れ込んでます。

姉妹

20050413.jpg
3月半ばだったかな?
今年最も寒いんじゃないかとゆー日に、1人寂しく出かけた熊本市動植物園。
ベビーラッシュで、色々な動物の赤ちゃんが公開され始めてるってことで、1人とかお構いなしに行った…。
で、ひつじさんだったかな?写真の。
赤ちゃんが生まれててですね。黒いの2匹。
それがですね、つい先日、動植物園にふれあいパークみたいのがオープンしたのもあってよくニュースで映るんですけど。
なんとこの赤ちゃんたちの名前が!!!
叶姉妹からとって、キョウコさん、ミカさんらしいです…。
赤ちゃんなのに「ちゃん」づけじゃなくて「サン」だったし…。
今日ニュースで見ました…。
かわいくない・・・。

タピオカ TEA HOUSE

20050410.jpg
飲んできました(食べてきました?)タピオカ。
イチゴを頼みました。杏仁豆腐トッピングでございます。
感想・・・「甘い!!」ごめんなさい・・・。
タピオカのもちもちと、杏仁豆腐のやわやわ巻が…対立。
吸い込んで口に入ってくるものがやわらかかったりもちもちしてたり…。
なんとゆーか統一感のない…。
その後エビアンを買いました・・・。

本妙寺桜灯篭

20050326_1s.jpg 20050326_2s.jpg 20050326_3s.jpg
20050326_4s.jpg 20050326_5s.jpg 20050326_6s.jpg
20050326_7s.jpg

なかなかタフになってきたなぁと思う今日この頃。
今夜は熊本市の「頓写会」でおなじみ、『本妙寺』できれいなライトアップが見れる日★1日限り。
本当は桜が開花してればもっとキレイだろうけど。
灯篭は小学生とかが作ったものらしく、数え切れないほどあった。
1つ1つにロウソクが入れてあり、消防車も陰に待機しつつ。
大々的な灯篭オブジェクトはどうも崇城大学の芸術学部の人たちが作りあげたものっぽい。
桜がまだ咲いてないのは分かってたので、行こうか迷ってたけど、結局1人で行ってしもーた。
カップルやら家族連れにまみれて1人…。
足元は暗くて見えんわ…メガネ持って行くべきだった…。

さらば主治医さん

今日定期の通院に行って知った、主治医さんの転勤。
もう1ヶ月近く前に決まってたんだろうけど、先月受診した2月25日にはギリギリまだ辞令がでてなかったみたい。
発病当初から5年半、ずーっとあたしの病気の様子を診てくれていた先生。
もうだいぶお年を召してるのはうっすら気づいてたけど先生は謎に包まれてた・・・。
おじさんよりもおじいさんに近くて(この5年半で結構変化した気がする)頭はうっすらでちゅるちゅるで。
顔はコワソーで、でもカラダはちっちゃくて少し丸っこい。
最初はオーラからして近寄りがたかったし、エライお医者さんって、言われなくても一目で分かるし。
私が発症してから最初の3年くらいは症状もほとんどなくて、検査をすることにも重要さを感じてなかった…。
難病持ちっていう自覚もなくて、検査の数値を見てもあたしには何が何だか分からないし。
後半の2年半くらいで特に先生にはよくしていただいた。
2年前にエリテマトーデスが本格的に発症してから、ステロイドの服用が毎日になってから。
28日分お薬出して貰うのが精一杯で、それまで3ヶ月に1回血液・尿検査だけしに行っていた通院ペースが1ヶ月に1回になった。
最初お世話になり始めた頃は、毎回毎回カルテを1から見直して「私」という人間がどういう経過を辿ってきたか、覚えなおしてた。
あたしの苗字が珍しいだけあって比較的早い段階で覚えていただけたとは思うけど…。
やたら待ち時間が長かった日には、ほぼ最後にあたしを直接手招きで招きいれ(普通はマイクを使って呼び出す)「最近調子はどうね?」とゆったり話をきいてくれたりもした。
パニックで神経科に通い始めてからはそっちのほうも話を聞いてくれたりして。
アルバイトや大学、卒業や就職・・・卒論。
月に1回の通院だけど、その度に、色々なことを気にかけてくれてくれるようになった。
あたしが先生を見る目も少しずつ変わっていった。
いい意味でちょっとだけ「敬語」をくずして話してみたり…というか、砕けた話をしてると、気づかぬうちに言葉まで砕けていってしまう・・・だめだぁ。
今日は先生が一通り最近の体調の話をきいてくれたあと、突然「キミは聞いたね?」と言われた。
は?と思った。
「あら?看護婦さんに聞かんかったね?ボクいなくなるんだよね」
・・・聞いてないっす!!
神経科行った後急いで来たんで・・・。神経科の先生が「あれ?○○先生(主治医)も異動じゃなかったっけ?」ってボソッと言ってたけど
「先月何も言ってなかったし違うと思いますぅ~」って普通に答えちゃったし。マジだったんだ。
「…先生、前から思ってたんですけど、先生っておいくつなんですか?」
とっさに聞いてしまった(汗)定年退職かと思った…。
先生は笑ってイスを回転させ膝をコッチに向けて
「まだそんなに歳じゃない(笑)」って言った。あら、そうでしたか・・・。
先生は偉いがゆえに、移動の範囲もハンパないんですね…。
県外への異動。
で、今日は先生に卒業式の写真を見せたのです。
携帯で写メって撮ってなかったから、数日前チェキのポラを手に握って撮影したやつがあったのです。
先生は(恥ずかしながら)ちょっと手垢でくもったあたしの携帯の画面を、白衣の袖でキュッキュッて拭いて、しっかりじっくり見てくれた。
「これどうなってんの?」と普通に携帯カメラで撮影したんではなく、間接的にポラを握って撮影した写真を疑問に思ってわざわざ聞いてくれるほどじっくり見てくれた。
30秒くらい見てたかなぁ。
ニコニコしながら自分の親戚の子でも見るような顔で見てくれた~(* ´Д`*)=3
その数秒後に「こんど異動するんだよね」の話を聞かされた。
何だか、袴姿の写真をじっくり見てくれたことに納得できた気がした。
最後だからじっくり見てくれたんだなぁ…って。
それから5年半分のカルテをめくってくれた。17歳の頃からだったねぇ…と。
かなり寂しい。。。

奇跡

20050108.jpg
同窓会に来れました!!
パニックのせいで、全然外出できんかったり、お店で飲み食いが耐えれんかったり、街にちかづくのもダメだったり・・・
何よりあたしがパニックに苦しんでることを全く知らない人の前で普通に振舞うことができんかったのです。
奇跡だし、自信がついた!
パニック克服にむけてー!!

円 広志

円 広志さんが、ついさっき20時から教育テレビの福祉ネットワークという番組で
パニック障害の体験談で出演してました。
まさかあの人もパニック障害体験者だとは思ってなかった。
新聞のテレビ欄でたまたま目に「パニック障害」の文字が飛び込んできたので、見てみましたー。
円さんは1年仕事を休んでいたらしいけど、その間のこと、
奥さんが後ろを向いてお皿を洗ってる間も、怖くて奥さんの服を握ってたそうです。
私も朝から家族が出ていくのを見送るのか怖い時期もあったけど…。
30分番組の中で、どうやって克服して行ったかって言う点には
あまり触れてないように思ったけど、逆に見てて嬉しかった。
前↑でも書いたけど、例えば『奥さんが皿を洗ってる間も怖い』とか
普通の人だったら「何てことないじゃん」てこと。
そういうしょうもない不安がある具体例をいくつか話していらっしゃった。
1人でも多く、見てる人がその「くだらない不安」を理解してくれるようになれば嬉しい。
そういう具体例のほうに時間を割いて語ってくださったことが何だか嬉しかった。
12月29日の13:20~13:49に、『この福祉ネットワーク』、再放送があるらしいです。

Page 205 of 207« First...102030...203204205206207