トップ > [ SH902i ] カテゴリーの記事一覧

コインロッカーベイビーズ

20060821.jpg
最近ネットを通じて知り合った方と数回やりとりしているときに、
「そういえば『コインロッカーベイビーズ』に軍艦島に似た風景が出てきた」
と教えていただいて、
ぬぉぉおぉ!!!そうだったっけか?!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
と思ったのは先週のこと。
『コインロッカーベイビーズ』っていうのは、かの有名な村上龍氏の書いた作品。
私は、勉強なら数学が大好きだったし、国語とか苦手で、読書も大の苦手で、これまで読んだ本の数なんて、数えるほどなんだけど、これは偶然にも読んだことがあったのです。
(きっかけは…音楽誌で大好きだった某ミュージシャンが愛読書として紹介してただけ。)
このとき、村上龍の作品を初めて読んだ私は、
村上龍氏の作品独特のエロ・グロの描写に動揺しつつも、時間をかけてやっと読み終わったものです…。
村上龍氏は長崎の出身なので、九州がかなり登場。
その中に・・・長崎の軍艦島の風景・・・出てきたかなぁ。
あんなに印象深い作品だったのに。もう覚えてない・・・。
上・下巻に分かれてるんだけど、文庫本を2冊とも買って、珍しく読書をしたのが高校生の頃。
印象には強く残ったはずなんだけど、いざどんな話だったか思い出そうとすると・・・既に記憶は薄く・・・。
読み返したいんだけど、昔、付き合ってた人にオススメして貸したまま、返してもらってないわー。
(←ススメたはいいけど、多分読んでないし…。)
だから手元になくて読み返せない…。うう。
「まだ持ってる?」ってその人に連絡してみようかと思ったけど(笑)
気まずいのでひとまずやめ。
ブックオフに行ってみることにした。
あったあった!だけど1冊250円(´・ω・`)ショボーン
うーん・・・うーーーーーん。
「あ!」
100円コーナーに移動してみる。
あったー!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
というわけで200円で再び私の手元にきたコインロッカーベイビーズ。
問題は、読書嫌い+最近忙しめ+疲れ気味な私がいつ読むのか…。
買ってきっぱなしにならんように、誰か私にときたま突っ込んでやってくれぃ!

揚げ豚足

20060803_1.jpg
会社帰りにすごくおいしいらしい揚げ豚足を食べに、須屋の居酒屋「ひげ」へ。
鯨の刺身も食べたよ。もちろん冷凍ですけれど。
豚足、やっぱりすき。上品には食べれないけど。
近況報告::
土曜日→牛深・茂串まではるばる日帰りドライブ。(遠かった・・・_| ̄|○)
日曜日→菊池渓谷へ。かなり歩きました・・・。ヘトヘト。
月曜日→仕事帰りに豚足。
火曜日→昔バイトしてたコンビニのOB飲み会。
焼きあがった写真と順次・・・ね。

大分320kmドライブ3【湯布院・天井桟敷・長いやまなみハイウェイ】

大分320kmドライブ1【田ノ浦ビーチ・うみたまご】
大分320kmドライブ2【別府海浜砂湯・地獄めぐり】
のつづき。
地獄めぐりを終え、2日目の昼を過ぎようとしていたので、湯布院経由の帰路に確定することに。
当初ほんとは、きっちり宿泊しなくてもいいから、これくらいの時間には熊本に帰り着いて半日グッタリ家で過ごすつもりでしたw
予定が大幅に狂ってます。
湯布院経由で帰るかどうか、通るにせよに寄るかどうかはこれも前もって決めてたわけではなくて、熊本を出たあと車中で本決まりしたんですが、
湯布院に行くなら絶対行きたいところがあって、ひそかにちゃっかり調べて行ってたりしました。
去年湯布院へ行ったときには全く知らなかった、「天井桟敷」という老舗の喫茶店。
コメントでおすすめしていただいたのがとても印象的で、そんなに有名なのか、どんなところなんだろうと私の心にすごく残ってました。
それと、ドライブ前日に母親に『「天井桟敷」っていうところが湯布院にあるらしいんだけど。』と話してみたら、意外なことに母親も知ってた。
さすが阿蘇生まれの母親。すごく昔に行ったことがあるらしい。
・・・って、そんなに古いんですか!!
20060725_7.jpg
↑由布岳と天井桟敷待ちw
前日の居酒屋のご主人にも「連休の湯布院は人が多いぞー…」っていわれてたけど、大当たりで駐車場はどこも満車。
。゚(゚´Д`゚)゚。
意地で並ぶ。
そして初めて金鱗湖を見た後、天井桟敷へ!
「7組待ちですが・・・」
「待ちます!!Σ(´д`ノ)ノ 」
「下の売店かその周辺に呼びに行きますのでお待ちください。行った時におられなかったらまた1からですので。」
キビシー!
…7組を侮りました…。暑いなか、小一時間は待ちました…。
20060725_4.jpg
ところがどっこい。
なんと2階席!!2つしかないのに!ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
うれしかったので写真はいつもより多めです(笑)
コーヒー(深焙煎アイスコーヒー)と紅茶(特撰キャンディー(冷))と。
デザートのモン・ユフ(Mont.YUFU)を1つ頼んでみる。
おいしかったし、なんといってもこの上階の座敷席がラッキーでした。
ゆったりソファー。2席だけ。
そして注文したお食事は、店員さんがテーブルまで持ってくるんではなくて、下から木製のリフトでカラカラとあがってきた。
キラキラの南蛮糖にもキレイでうっとりしてしまった。
その後湯布院の街を1時間ほど歩いて、18時前に湯布院を出た。
(じつは海地獄で買ったプリンさんは車内で待っててもらったw)
筋湯温泉、飯田高原、九重、阿蘇・・・帰り道がすっごい長かった・・・。
疲れもピークだし、途中霧がすごかったし、夕立は降るし。
夕食に寄り、帰宅したのは21時とか22時でした。
遠かったけど、すっごくたのしかったのでした!!!

大分320kmドライブ2【別府海浜砂湯・地獄めぐり】

大分320kmドライブ1【田ノ浦ビーチ・うみたまご】のつづき。
1日目の土曜日は晴れの予報だったけど、2日目は雨を覚悟してました。
が、曇りつつもうっすら晴れ間が!なんとラッキー。
朝から10時半くらいにホテルを出発。
出るちょっと前まで、チェックアウトの時間を分かってなかった(笑)
のんきなものです。
太平洋がもう一度だけ見たくて、海沿いの国道10号線を北上。
ネットで前もって調べた時に、1つ近くにあったような気がするうすら覚えのビーチを探すけど・・・全く見当たらない。。
見当たらなさすぎてだいぶ北上(笑)
(たぶんネットで見たのは幻だった・・・w 他の県みてたかも・・・。)
仕方ないので引き返して途中見かけた上人ヶ浜の一角にある「別府海浜砂湯」を見物。
初めて砂湯を見た。
でも向かいの海は・・・(汚)だし「指宿のほうが全然いいよ!!」とゴリ押しされて、退散。
(家に帰って母親にも同じコトを言われた・・・)
そういえば、朝ごはんをまだ何も口にしてないまま・・・。
・・・なんとなくコンビニにも寄りそびれて、鉄輪温泉のほうへ山をぐんぐんドライビング!!
当初このドライブの目的は「うみたまご」だけだったけど、大分までの車中で考えて、別府で観光名所の「地獄めぐり」に行ってみることに決定!
憧れの地獄!!!!゚・*:.。. .。.:*・゜
(憧れw島原のをずっと見たいと思ってた。)
別府の地獄は8個あるそうです。
1、海地獄(青い)
2、鬼石坊主地獄(泥が坊主頭みたいにボコッボコッて沸騰)
3、山地獄(山から噴気)
4、かまど地獄(・・・?)
5、鬼山地獄(地獄の温泉熱でワニが100頭飼育されてる)
6、白池地獄(白い)
7、血の池地獄(赤い)
8、龍巻地獄(噴気する間欠泉)
全部周るのは時間もかかるので、興味惹かれた2箇所で、色の気になる「血の池地獄」と「海地獄」に決定。
20060725_5.jpg
左上:別府海浜砂湯
右上:血の池地獄
左下:海地獄の蓮
右下:海地獄
写真の通り、赤い地獄と青い地獄でした。
赤は赤土の泥みたいな感じだったけど、青は特にすごくキレイで感動。
どうしてあんな色になるんだろう・・。
海地獄名物の「地獄蒸焼プリン」を自分達がすぐ食べる分と、お土産分までゲットして発泡スチロールにアイスノン(…じゃなくてあれは何!?。ドライアイスではなく…。何回も使えるやつ!)を入れてもらう。
8時間持つらしい。さて帰りは20時でないといかんぜよ!
20060725_6.jpg
で、めでたくこれが朝ごはんに(笑)
他の6つの地獄も興味あったんで去るのが名残惜しかったけど・・・
この2つだけ見て、地獄を去って、今度は一路湯布院です。

大分320kmドライブ1【田ノ浦ビーチ・うみたまご】

7月15日土曜日、うみたまご目指してドライブ決行!
日焼け対策万全にして運転手がむばります。
3連休初日のこの日は結構な快晴。あとの2日はお天気下り坂との予報だったので、土曜に出発いたしました。
午前中に出発。
○大津道の駅
熊本市を抜けて、大津の道の駅で、有名なからいもたい焼きを小腹に入れる。
この後、立野での事故で大津から延々と渋滞・・・。
○波野道の駅 「神楽苑」
この時既に14時前、トイレ休憩。
出店として出ていた沖縄ドーナツ、サータンダギーやさんが半個試食をくれた。結構お腹いっぱい☆
だがしかし、この時、年上と居たのに私の方を「姉」扱いしたおじさんにピキッ。
○竹田市突入
熊本を出て大分へ突入。
竹田市まで国道57号線、豊後大野市から国道442号線コース。
最終的に大分市まで抜ければ太平洋が見えてくると思っているのですが…進めど進めど山・山・山!
竹田市を抜け、大分市に入ってもまだ海なんて見えず目の前には山・山。
○大分市大分駅前
15時半頃・・・やっと海が前方に見え、大分駅のある中心部へやってきました。
私は天神だろうが大分市だろうが、初めて来た慣れない中心市街地の運転が大好きです。ふふ。なんかクセになる。
20060725_1.jpg
↑波野の神楽園にて快晴の空&別府の田ノ浦ビーチ
○別府市 田ノ浦ビーチへ
大分市→別府市へ、海近くを走る大きな道路、国道10号線を北上。
「うみたまご」と「高崎山」のちょい手前に「田ノ浦ビーチ」ってのがあるので、ひとたび休憩。
既に16時・・・トホホ。
別府湾の人口ビーチなので、ビーチ自体はきれい。海は・・・?
大駐車場完備で無料ですてき。いいなぁ!!
○念願の「うみたまご」!!
16時半。念願の水族館にやってきましたー!わーい!
熊本には水族館がないので、ずっと来たかったのです!
20060725_2.jpg
最初、入り口に淡水魚が集めてあって、コイをみて「うわっ、私魚ダメなんだった!!」って気づきました・・・_| ̄|○
釣りも料理もしないから…触れないし、カワイイと思ったことはないw
大水槽の大きなエイやサメにもワクワク。
しょっぱなからカメラ小僧っぷりを発揮して「撮らずにまず見れば?」と引かれる・・・。
クリオネも見れたし、念願の光ってるクラゲさんもみれた!
写真がビミョーなのが残念だけど。
20060725_3.jpg
うみたまごは「マリーンパレス」時代に小さい頃連れて来て貰ったんだけど、
高崎山あたりに来たのは覚えてるけど、水族館に入ったかどうかは…申し訳ないけど子供ながらに覚えてない…すまん、母!!
イルカとセイウチとラッコとペンギンあたりには特に感動!!
なかなか見れないもん。
こうなってくると小6の修学旅行で行った長崎バイオパークの記憶ももう怪しいです。
19時前に水族館を出る。
「私たち今夜って泊まるのかいな??」「できれば名物のフグが食べたい。」と思いながら別府中心部へ移動。
ここで相方さんが「肥後銀行に行きそびれた」と言う(汗)
コンビニに行けば雑誌で今夜行く飲食店探しもできるし。
ならばコンビニ探すというか「セブン」を探そう。
セブンイレブンを探し、国道10号線を北上。
ない…ない!!…ファミマとかローソンしかない。
結局相当北上し、ぐるりまわってまた南下。
みあたらないから、iモードでセブンを店舗検索。
別府地方と入力していざ検索!!
・・・「0件がヒットしました。」
がーん!!ないものを必死こいて探しておった!!Σ(゚Д゚)ガーン
鹿児島にセブンがないのは有名だけど。
別府にもないのね・・・(大分県内にはあるだろうけど。)
ということに時間を喰い、結局別府駅裏にひとまず駐車。
中心アーケードにて、飲食店さがし。
…ところがなんとなく駅前のビジネスホテルに惹かれ…。
値段と空きを聞いてみて、即決で最後の一室で滑り込み。
ここに宿をとれば飲めるじゃぁないかぁぁぁ!!
次の日も運転だけど気にせず居酒屋へ。
ほんとうは名物の「フグ」を食べたかったの。
(でも、お財布とも・・・ね。)
やたら高級そうなお店にはどのみち入る勇気もなかったし、まぁいいか。
・・・結局入ったのは居酒屋だった。
・・・名物の関さばも関あじもなかったけど(笑)
・・・これまた名物のとり天も頼まなかったけど(爆)
でもおいしかったよ。「凡」っていう居酒屋さん。
ホテルに帰って、初めてのビジネスホテルをマンキツして、眠いような寝れないような夜を過ごして明日に備えます。。

Page 3 of 3123