トップ > [ ruins ] カテゴリーの記事一覧

旧三井三池炭鉱 万田坑跡 その1

福岡県との境に位置する、荒尾市へドライブ。本当の目的は贈り物の荒尾梨購入。
少しだけ寄り道する時間もありそうだったので、炭鉱跡を見たいと同行者に提案。
着いたのは17時前。確か10月初旬。さすがに秋口だったので陽が落ちかけていたのが惜しかった!
万田坑1
入り口には有刺鉄線。事前に連絡をすれば中に入ることができる。
fotologue [Danger]
万田坑2
奥まで行くと壁は途中で終わってた。
壁の向こうに回りこむと、迎えてくれたのは無造作に置かれた消火器。
これはどう見てもまだ新しいものだね。
初めての炭鉱跡。最初に出てきたのが消火器だったのでちょっとだけゴキュン。。
fotologue [Fire extinguisher]
万田坑3
炭鉱敷地内を走る貨物線路。
万田坑4
正面から向かって見て右側にあった小屋一角。
かけあしで見て回ったせいで、ここはよく見れなかった。
後日リベンジをすることになる。
炭鉱の建物各所に緑色のペイントが使ってあるのと対になってるかのように、朱色も所々いい色をだしてるのだ。
万田坑5朱色のレンガに茂った緑色。こんな建物がたくさんだった。
この頃はまだ危険とかそういうものを正直分かってなかったと思う。


万田坑6炭鉱跡といえば竪坑跡。
これは万田坑の第二竪坑櫓というのにあたる。
見て分かると思うけど。
50mmレンズではこれが限界 ヽ(`д´;)/
もっと広く広く撮りたいなぁって改めて思った日だった。
でもねぇ、この日をキッカケに、あたしの撮りたいものってなんだろうなぁってたまに疑問を持つようになった。
あたしはなんでここに来たい、来ようと思ったんだろう。


写真はNIKON FE+KONICAMINOLTA JX400
万田坑これだけ携帯でとったやつ。こんな色が補正もなしに出たのは初めて。


【旧三井三池炭鉱万田坑】
大牟田市の宮原坑の南約1.5kmに位置する。
明治時代開かれた炭鉱施設としては、我が国最大の規模を誇り、深さ約270mの竪坑が第一竪坑(1897~1902年)、第二竪坑(1898~1908年)と2ヶ所掘られた。
現在は第二竪坑・ヤグラ、巻揚機室、倉庫及びポンプ室、安全燈室及び浴室、事務所、山ノ神祭祀施設などが保存されているそうです。(山ノ神以外はどれがどれかわからん!!)
旧三井三池炭鉱 万田坑跡 その2」に続く。。

33.002788,130.449718

時刻表で旅しよう!-夢の京都編

20070403.jpg
NIKON FE+フィルムは何だったかな。
熊本県荒尾市にある、三井三池炭鉱の1つである「万田坑跡」の戸棚の中に残っていた聖護院八ツ橋の缶。

青春の門-筑豊篇-
のロケにも使われた場所らしいので、八つ橋を食べたのは鉱夫さんではなくて、役者さんかもねぇ。
ところで、あたしは京都が大大大好きだー。
マジでスキだ。何がすきなのかわかんねぇー。けど、すき。
ほんとはほんとは「中京区新京極通四条上ル~~」なんてゆー、住所の表記がツボだったりする。
(…って、まだ使ってるのはほとんど中心部だけだろうけどw)
大好きとか言いながら、修学旅行で1回行ったことあるだけだったりするw
大好きなのに、京都で撮ったスナップ写真は、キティちゃんのおもちゃカメラに装填したフィルムが感光してたか巻けてなかったかどっちかで1枚も残ってなかったりするww
さよならストレンジャー
京都に興味を持ちすぎたあまりに「京都ロック」ってゆー言葉と共に現れた鉄道マニアバンド『くるり』にハマり、元祖メガネ男子であろー岸田氏(しかも初期)がかっこよく見える始末w


京都の大学へ行きたいなんて夢のまた夢だけど憧れまくり。
高校の卒業旅行は関西へ~なんて時間も合わなくて実行できず。
将来は絶対京都に住むんだぃ!って思ってたのに24年間肥後もっこす。
結局1度も行けず、あの京都大好き大騒ぎは(マジであたししつこいくらいずっと言ってたよw)完全に跡形もないくらいに熱も下がったような。
でも、あたしはやっぱり京都へ行きたい。いつかいつか。
金閣寺しか見てないからシルバーっちも見てやるんだい。
清水寺となんとか橋にも行ってみたいもんだ。
というわけで2回分の青春18きっぷを傍らに置いて、時刻表で計画してみる。
0時~0時っていうのがカギですな。
あたしの弟はそういえば青春18きっぷで数年前京都へ旅をしてたなぁ。1泊で。
ほいで夜行快速を使ってたから、日をまたいで乗車してたわけだ。
さてと。まずは逆算。
熊本に24時までに着くには23:55に熊本駅着の列車には乗らないと。
大牟田発23:07-熊本着23:55 この普通列車に乗らないとね。
つーことはこれに間に合う列車で大牟田へ帰って来ないと。
門司発20:22-大牟田22:57着の快速列車。
さて本州から九州へくる普通列車はそんなにはなさげ。
帰ってくるには。
下関発20:11-門司20:18着に乗ってくる。
ここらは鹿児島本線ではなく、山陽本線ですな。
こんな感じで逆に辿るぞ!
下関着19:53-岡山13:10発
岡山を13時すぎ!?
それってちょうどいいのは
岡山着12:30-相生発11:26
相生着11:25(乗り換えなんと1分だw)-京都発09:28
こんなプランになった!!!
京都からおよそ14時間半!!
このおよそ午前9時半の列車に乗るためには…ん?
2日分チケットがあればイケるのか!?
で、でも・・・・
ご飯を食べたり買う暇を換算していないwww
つーか9時半にあっちを出ちゃうなんて、9時半ってwww
どこも開いてないし!!
いやー。時刻表で旅するだけで楽しい。
こりゃ青春18きっぷの値段では有り余るくらいに妄想に浸れるなぁ。
とりあえず片道旅したトコで、疲れたので明日に備えて終了!
さぁ、明日は旅を決行しようかなぁ!
黄砂とりあえず止め!!!
んで、フィルム買わないと何も撮れんwもう手持ちがねぇ!

この線路はどこかで終わってる

三池炭鉱専用鉄道
NIKON FE 三池炭鉱専用鉄道跡。
三井化学大牟田工場の裏手。
一日朝往復2本のみは走ってるみたいだけど、使用されてる線路は見る限り3本中1本って感じだった。
宮浦駅程近く。
fotologue [三池炭鉱専用鉄道跡]

33.031531,130.454152
Page 3 of 3123