トップ > [ drive kyushu ] カテゴリーの記事一覧

赤トンボ

20071025.jpgT-33ジェット練習機


太刀洗平和記念館
(ほんとは「大刀洗」って書くみたい。隣接駅名は「太刀洗」。)
福岡の小郡方面へ連れてってもらった際に、たまたま沿線にあったこの記念館に寄り道。
ほんと通りがかりだったから、うーーーんどうしようってちょっと迷ったけど、古いものがいっぱいあるはずとゆーことで寄り道決定。
が、ほとんどが戦争・戦時・特攻に関する資料!
軍服や無線機、特攻に飛び立った若者の遺書、福岡の雁ノ巣沖で引き上げられた戦闘機。
やや恐る恐るだったけれど、鹿児島の知覧の平和記念館には一度行ってみたいなーーと思ってたので、こういう展示を見に来る覚悟はあったし。
特攻隊員の遺書は、読んだら感涙してしまうとよく聞くし、どうしても怖くて熟読できなかったけど。
知覧飛行場の存在しか知らなくて、この太刀洗にあった陸軍飛行学校の規模のほうが大きかったとは…。
写真の飛行機は「赤トンボ」という通称でと呼ばれた練習機の後継機らしい。

Shinning Blue

20071018.jpg
LOMO LC-A+AGFA HDC100 @姉子の浜
いつもワクワクさせられる。マルチョウ姫。
おっとりしてるのかと思いきや、意外なビュンビュン速度で運転してどんどん突き放されるし・・・w
好みもオトメさんなのかと思ったら、バックはあたしと同じPORTERの黒タンカー。
こいつぁフカフカさんが結構カメラ守ってくれるよねぇ♪
文字のやりとりだと、あたしは及ばないほどすごくテンション高いのに、実際目の前でお話ししてるといつも真剣でそのまなざしにドキッとするほど。大笑いはしないよね!
歳が近いようで、意外と離れてて、でもやっぱりなんとも言えない頼れる感じがあるとゆーか、やっぱりお姉さん。
ついていきますっ!アネゴ!
※右上のはホコリかと思ったけど、しっかり見たらヨットでしたー 爆

おぐら本店のチキン南蛮

おぐら本店のチキン南蛮
この日は数億年ぶりに(ほんとは1年ぶり)LC-Aも握ってた気がする。一眼は1枚だけだったー。
そのほかモブログした【とりさん】の写真。

宮崎の名物!チキン南蛮の元祖おぐらを目指して宮崎まで小旅行!!
…してきました。お盆前くらいだったから、もうひと月くらい経とうとしてるけど…(汗)
益城~宮崎ICまで高速。軽で・・・4500円くらいだったかな。2人で行くには結構リッチな旅行だったなぁ(笑)
目指すはチキン南蛮!!!
青島もオマケ、日南もモアイも鬼の洗濯板もオマケ☆
肝心のチキン南蛮。
これ、ほんっとウマかった…ニガテなタマネギじゃりじゃりのタルタルとかだったら凹むなぁ~なんて、全然どんなお味なのかわかんないままに行ったんだけど…ありゃわざわざ行ってよかったー!
たるったるんるん、甘くて色んなお味がして、そしてチキンちゃんもデカいけど美味しい!
あんなにおいしいチキン南蛮食べたら…ほかべ●なんて…。。。
久々のお友達と出かけましたが、意外なくらいに大食漢でいてくれて、胃の小さい私も満足でございました。

Preservation

豊後森機関庫
NIKON FE +KODAK SUPERGOLD400
撮りためた写真とかも少なからずあるわけで。
どんどんたまるわぃ、ヘッポコ写真。
なんのために撮ってるのかは、数年経ってからしか気付けない気もしたり。
危険は省みないと。
豊後森機関庫も、万田坑跡も宮内坑跡も宮浦坑跡も。
学生だった弟を無理やりひっぱって一緒に行ったものの、写真撮ってたあたしは実際は1人で色々見て回ったのだ。
Dr,Martensの黄色い頑丈ブーツは、ある日突然出会って買ったのに、見事に「安全靴」と化した。
冬の間、危険なものに近づいてたあたしの足元を守ってくれたのはブーツだったと思う。
腐食した階段を1人で登ったり、天井の落ちてきそうな中に入っていって、遺った近代産業遺産に感動したり。
ガラスの破片だらけの豊後森機関庫。ここもどれだけ危険だったか…って何故か今夜、今更思えてきた 汗
そんなあたしは、旧長崎刑務所跡を見に行けばよかったなぁと、知るのが遅かった自分をちょびっと後悔してる今日この頃です~。。。
それにしても。。。なーんでこんなに写真の水平感覚が失われてるんでしょ!(泣)

奥へ奥へ

マリンワールドの壁画
NIKON FE+FUJI SUPERIA Venus 400 @一人で行ったマリンワールド海ノ中道
fotologue [forward]
昼間の水族館とトンネル。
魚の姿は無くて、周囲は壁と蛍光塗料と暗闇とヒカリ。
なんでも無い場所なのに、ちょっと早歩きになったのはナイショですw

走らない

nishitetsu bus
発車するバスは追いかけない。
そんな追いかけなかったバスには人はガラガラ。
時間にはたっぷりゆとりがあるのに。
いくら中心部に近くても1本逃すとすごく待たないといけない熊本市の人間にはない余裕。(というか身についてない感覚。)
発車しそうなバスはつい駆け寄ってしまう。
実際、この日は熊本駅で1分だけ普通列車に乗り遅れて、40分くらい待った直後だったのでした。
この時、最後部座席に一緒に座ったオニイサンは、あたしと30センチしか違わないこの景色をOLYMPUS PENにおさめていたなぁ。
まねっこ。
カラー。
ピント。
そんなこんなで財布をなくして探しまくったり、なんかもう、時間が足りない。

カメラとおじじと大宰府3

先日のカメラとおじじと大宰府1カメラとおじじと大宰府2、の続き。
(更にどんだけ間があいてるんだよ…w)
太宰府天満宮で、おじじ様はあたしのブログを通して猫にゃんが大(・∀・)スキーなことを知ってか、「ここらへんはいっぱい猫がいるんだよー」と、太宰府天満宮の奥のほうまで連れてってくれた!
そう、いっぱいいるのならわざわざ行くくらいあたしは猫にゃんずが大好きなのです!
だもんで、この優しさはかなーり嬉しかったです。
d(゚Д゚)☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b です。
太宰府天満宮の猫
美人さん
太宰府天満宮の猫
茶房のねこさん。チョーでぶでぶ。
太宰府天満宮の猫
はずかしがりやさん。
太宰府天満宮の猫
てくてく。
太宰府天満宮の猫
貰ってるエサ、ごちそうすぎない?w
太宰府天満宮の帰りには、参道でお茶して帰るとゆーことで、梅ヶ枝餅を!
かさの家さんの茶房のほうに連れてってもらった!!
わーん!温かい梅ヶ枝餅初めてだー!
わーん!お抹茶なんて初めてだー!!
バクバクバクバクバクバクバクバク。
そんで、参道でふと、「写真館」を発見。
カメラが飾ってある。
「店内ご自由にご覧ください」とあったので、おじじ様に「寄ってもいいですか?」とお願いしました。
ちなみに店内に入ってもお店の人は全く出てくる気配もなしでした。
「航空写真機 旧海軍使用 昭和九年 六櫻社製
戦前~戦後のカメラがたくさん。
ここまで「ゴゴー商会」、「レモン社」、「キタムラ」とカメラやさんを周ってきたけど、ここは独特で一番凄かったかも。
もちろん中古カメラとして置いてある訳ではないから当たり前だけど。
報道写真用の機材がほとんどだったっぽい。
珍しくて名前を聞いたこと無いものばかり。
太宰府の写真館
今よく見たら、上のほうに「zero fighter」って書いてあるプレートがあるねぇ。
航空写真用の機材。
ちなみに「航空写真機 旧海軍使用 昭和九年 六櫻社製」って書いてある。
『六櫻社』っていうのはのちの「小西六」→「コニカ」→「コニカミノルタ」のことだってさ。
太宰府の写真館
とにかくとにかくいっぱいあったのだ。
パラダイスだー。
と、この後おじじ様と西鉄二日市駅まで戻り、お別れして(さみしかったぁ!!)なんだかこのまま帰るのも勿体無い気がしたので天神でフラフラし始めました。

Page 2 of 512345