トップ > [ drive kumamoto ] カテゴリーの記事一覧

旧三井三池炭鉱 万田坑跡 その1

福岡県との境に位置する、荒尾市へドライブ。本当の目的は贈り物の荒尾梨購入。
少しだけ寄り道する時間もありそうだったので、炭鉱跡を見たいと同行者に提案。
着いたのは17時前。確か10月初旬。さすがに秋口だったので陽が落ちかけていたのが惜しかった!
万田坑1
入り口には有刺鉄線。事前に連絡をすれば中に入ることができる。
fotologue [Danger]
万田坑2
奥まで行くと壁は途中で終わってた。
壁の向こうに回りこむと、迎えてくれたのは無造作に置かれた消火器。
これはどう見てもまだ新しいものだね。
初めての炭鉱跡。最初に出てきたのが消火器だったのでちょっとだけゴキュン。。
fotologue [Fire extinguisher]
万田坑3
炭鉱敷地内を走る貨物線路。
万田坑4
正面から向かって見て右側にあった小屋一角。
かけあしで見て回ったせいで、ここはよく見れなかった。
後日リベンジをすることになる。
炭鉱の建物各所に緑色のペイントが使ってあるのと対になってるかのように、朱色も所々いい色をだしてるのだ。
万田坑5朱色のレンガに茂った緑色。こんな建物がたくさんだった。
この頃はまだ危険とかそういうものを正直分かってなかったと思う。


万田坑6炭鉱跡といえば竪坑跡。
これは万田坑の第二竪坑櫓というのにあたる。
見て分かると思うけど。
50mmレンズではこれが限界 ヽ(`д´;)/
もっと広く広く撮りたいなぁって改めて思った日だった。
でもねぇ、この日をキッカケに、あたしの撮りたいものってなんだろうなぁってたまに疑問を持つようになった。
あたしはなんでここに来たい、来ようと思ったんだろう。


写真はNIKON FE+KONICAMINOLTA JX400
万田坑これだけ携帯でとったやつ。こんな色が補正もなしに出たのは初めて。


【旧三井三池炭鉱万田坑】
大牟田市の宮原坑の南約1.5kmに位置する。
明治時代開かれた炭鉱施設としては、我が国最大の規模を誇り、深さ約270mの竪坑が第一竪坑(1897~1902年)、第二竪坑(1898~1908年)と2ヶ所掘られた。
現在は第二竪坑・ヤグラ、巻揚機室、倉庫及びポンプ室、安全燈室及び浴室、事務所、山ノ神祭祀施設などが保存されているそうです。(山ノ神以外はどれがどれかわからん!!)
旧三井三池炭鉱 万田坑跡 その2」に続く。。

33.002788,130.449718

千原桜

千原桜雨で散っちゃう。早く書いておこう。
熊本市は西部にあたる島崎地区。
この島崎に「市立千原台高校」なんてあるけれど、これの所在地は割と低い場所w
「台」に位置する場所には建ってないねぇ。
だけども、この島崎地区には「千原台」という、金峰山のふもとにあたる小高い場所を指す地区名があるのだ。
「千原」という言葉が住所にはどこにも使用されてないんだけど、島崎3丁目あたりかな、熊本県警の第二県警別館があった場所あたり。
そういう地名が近くにあるから、きっと高校もこの名前にしたんだろうねぇ。


そして、この時期、この地域にたくさんの花を咲かせるのが「千原桜」。
ふつう、桜ってピンクなんだねぇ。ソメイヨシノとかってピンクだよね。
桜餅ってピンク色だもんね。
あたしはこの「千原桜」に囲まれた地域に育ったおかげで、今まで「桜=白」だと思ってた。
花びらって千原桜に限らずソメイヨシノとかも1枚単位で見ると白くない?w
この地域に育った子供は、白い花を咲かせる「千原桜」にかこまれて育ったから、桜=白だと思ってると思う。うちの弟もそう思っていたそうです。
よくよく考えたら、「あー白いのってこの辺りだからか」って思うのです。
まぁ、桜も色々種類あるから。トクベツでも何でもないか?
多分金峰山なんかにもあると思うなぁ。多分高橋~島崎~花園~植木って、金峰山の周りにはよく見るとあると思う。
と、今日たまたま見かけた記事がこれ。
熊本学園大学の蝶と桜 【熊本産業遺産研究会ブログ

この蝶のモザイクは正門に向かって右手ですが、左手には旧熊本紡績の電気室が移転された熊本学園大学産業資料館があります。いま、ちょうど千原桜(ちはらざくら)という熊本の桜が咲いています。建物の周りに植えられた花も彩りを加えていて、記念撮影スポットとして人気があります。同館は平日の9時から5時までオープンしていて、中の資料や展示物も自由に見学できます。

出身小学校中学校だけじゃなく、大学にもあったのか。
「熊本の桜」って言われるとなんだかうれしいねぇ。

オーディオ道場

オーディオ道場
阿蘇郡西原村にあるオーディオ道場時の隠れ家美術館)。
今年の夏に念願叶って行った時の写真。
真空管アンプやアンティーク時計、蛇腹カメラや古いマニュアル一眼レフ、鉄砲、仮面。
たくさんの各専門誌、新しいものも古いものも。
私が生まれた1982年のカメラ雑誌。
アイスから泡があふれたコーラフロート。
オトナっぽくておしとやかで優しい娘さんは、帰って知ったけど私と同い年。
ご主人は「今日はカメラは?」と、初めてだしまだカメラのことは全く話をしてないのに、1度来られた別の若い女性と勘違い。
「ん?」となりつつ、すかさずPENを取り出す。
2階の「時の隠れ家美術館」には上がってないなー…。
あーー。またいつか行きたい。
女の子で付いて来てくれる人って、なかなかいないだろうなー(泣)
だれかー!!

くわ?

20061215.jpgここは熊本市川尻。
刃物。和菓子。酒のまち。
この前のdarklessも川尻。
そしてそして、白黒写真は自分のおうちでダークレス現像
シミとムラだらけ。

彼岸花 <熊本県菊池市旭志伊坂>

彼岸花
彼岸花
NIKON FE+KONICAMINOLTA JX400
菊池というか旭志です。いや、菊池市旭志か。
彼岸花ありすぎなところです。

荒尾に行ってきた!!

2日前の日記を書き直し!
どこに行ったか伏せてきましたが、火曜日、荒尾まで行ってきましたー。
何をしに行ったかというと。
先週、会社にて取引先の方に大きな荒尾梨を頂いて。
すんごい大きくて、甘くて「これは贈り物にピッタリではないかー!!」とビビビときまして、長い間贈り物をしたいと思っていたお相手がおりましたので、荒尾梨を買いに行きたくてたまらなくなりました。
で、せっかく買うならあの頂き物の梨を買ったのと同じ所に行きたい!!!味は確かだ!
そう思って社長に頼んで贈り主の取引先のおじさんに聞いて貰ったら「荒尾で買った」とのこと。
やっぱり原産地か!
おそらく同じ熊本なので、デパートとかに行けば熊本市内でも簡単に買えるのだろうけど、それは味気なさすぎるー!
贈り主のおじさんに荒尾のどこのお店かというところまで聞いてみてもらったものの、説明は「裁判所から208号線に出る途中の道沿いのくだものやさん。JAの梨やさんの2軒隣だんねー」というめちゃくちゃアバウトなお返事。
うーん・・・よ、よし!そこを探してやる!!
と思って行ってきた訳です。
日記書いて何が届くのかお相手に分かっちゃうのもアレなので伏せてましたが、荷物も届いたようなので、日記解禁です(笑)
最初は1人で行く予定だったのだけど、その日お昼に弟がちょうど学校から帰宅してきたので「ラッキー♪」運転手してもらって行ってきました。うふふ。
荒尾までいく道の途中には梨やさんもいーーーーっぱい道沿いにあって、弟にも「こことかのほうがいいんじゃない?」って何度も言われた…。
いやいや、せっかくだから探しましょうよ。
と、例のアバウトな梨やさんを探す気満々で荒尾に向けて北上。
途中、「あ!」と思いついたのが「メロンパン」。
荒尾の有名なメロンパンを買いたい!と思いつき、寄り道を考え始める。
最近、こういう時いつもi-modeでGoogleとYahoo!モバイル地図を駆使する(笑)
一番有名な老舗「万幸堂」というお店があるんだけど、そこはちょっと通り道ではないのと、Googleで見たら別のところも意外と美味しそうで。
ふくやまベーカリー」というところに行ってみる事に!!i-mode画面上で見かけたクチコミ情報が正しければこちらは万幸堂で働かれていた職人さんが独立して営業されてるらしい。
まぁ、詳しいことは知らないし、メロンパンマニアでもないので、とりあえずウマウマならいいのです!!(笑)
で、これ。
20061017_3.jpg会社の方々は梨は最近食べておられるので、
メロンパンをお土産にしよう。
会社と家族とで10個買いました。
ウマウマでした。せっかくならギニューと食べないとねー!
荒尾に行った時はだいたいいつも通ってるあの道にメロンパンやさんがあったとは!気づかなかった。


気を取り直して。アバウトな梨やさん探しに戻る。
結局上に書いたとおりのおじさまから聞いた説明では辿り着けず…orz
荒尾の裁判所って「簡易裁判所」で、すんごい住宅街で。
行ってはみたもののくだものやさんはほとんど見当たりませんでした。
うーん。
と、とりあえず梨は帰り道にある梨やさん(思い当たる所があった)で買うことに。
で、ひとまずもう一度目的地変更!時刻はもう16時…。
夕方なのでちょっと迷ったんだけど…。
家を出る時ボソッと弟に切り出してはいた・・・ずっと行きたかった「万田炭鉱跡」に行ってみる事に!
わー!!!炭鉱跡!!!♪ 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
三井三池炭鉱の一部として、荒尾に昔あった「万田炭鉱」。
今は「万田炭鉱館」という資料館が建ってて。
そこらあたりまで情報は知ってたんだけど、実際炭鉱跡がどこに建ってるかまでは把握してなかったんだけど、とりあえず「万田炭鉱館」を目指すことに。
荒尾第五中方面を目指して走行。
途中、大牟田と繋がっている貨物専用の線路と道路(荒尾は今は貨物走ってないそう)が平行して走って、鉄道マニアーな弟はちょっとウハウハ 。・゚・(ノ∀`)
「万田炭鉱館」発見!!!(このとき既に16時くらい)
でも、資料館がみたいのではなく、できれば遠めでもいいから本物の炭鉱の建物が見てみたい。しかしドコだろう…ないよなぁ残ってるのかなぁ。
と思って通り過ぎてちょっと行ったら(ほんの50mくらいw)「万田炭鉱跡」の案内板が立ってる!
「うそ!?跡ってやっぱりまだ残ってるんだ!?」と進んでみる。
今では民家の奥にひそかに建ってる「万田坑」を発見。
小さいながらも、歴史を感じる建物が現れました。
来るかどうか分かんなかったけど、一応カメラ持ってきてよかった!!
一眼にフィルムを装填し、写真を撮る(笑)
炭鉱の中には入れないと覚悟して行ったので、最初は塀と柵の外から撮っていたのだけど、外周を見て周っていたら、塀は途中までしかなかったのでした。。
というわけで入れましたので中も見てきました。
今回、荒尾に1人で行かなくてよかった。弟いてくれてありがとう。
正直、雰囲気と空間の空気はちょっとだけ怖かった。
風化しすぎてて、誰にも使われず、誰もおらず。
危ない所もあったと思うし。
本当は、万田炭鉱館に連絡をして行くと、案内までしてもらえ、建物の中まで入っていくことが出来るのだと思うけど、外からでも十分見ごたえありました。
万田坑携帯カメラで撮って、色調補正もしてないのにこんな色味が出るってどうなんだろう。
どう考えてもステキすぎる。
塵が舞って白い空だったのに、青みがかった空が写ってるし。
壊れてるのに迫力あるし。携帯のカメラも捨てたもんではないのね。
SH902i


国指定の重要文化財となってはいるものの、かなり風化してて、整備もされてなくて。
これじゃいつか近いうちに、案内付きの見学もなくなっちゃうんではないか??と思ってしまいました。
万田坑
帰宅後、偶然にもこの日の新聞には産業遺構を世界遺産にという記事が。
【グラバー邸など九州12カ所、世界遺産目指す(長崎新聞)】
【世界文化遺産の国内候補 集成館など12件提案(南日本新聞)】
そうなるともっと見学できなくなってしまうね。
半分しか見れなかった。近いうちにまた絶対行く!!一緒に行こうよ、誰かー!
帰りは梨やさんに寄りました。オマケに傷んだ梨をくれたり、手紙を同封してくださいと頼んだら封筒までくれたし。
あそこの梨やさんはほんとにいいし、賑わってた。

第3回「みずあかり」

みずあかり
NIKON FE+KODAK E100VS
行ってきました。今年も1人みずあかり(笑)
10月14・15日の両日開催。くまもとお城まつりの一部ですねー。
私、これの何がすきなんだろうねぇ。普段はアロマキャンドルすらめったに焚かない人なのに。
1夜目に一眼レフと三脚担いで行って来ました。
で、本日現像!ポジでも撮れるのねー!!感動です。初めての夜撮影。
で、失敗したときのためにデジカメでも撮る予定が…。メディアを忘れ(泣)
だもんで、実は今日もデジカメ握って行ってきた(爆)
今日は、行ってはみたものの、直前に現像に出した前日の一眼で撮った分もそこそこ撮れてるっぽかったし、何といっても、会場に着くなりショッキングなものを見かけてしまって…。
○○の横に××が居て「ぬあー!!!」っと呆然としてしまって。(←わかんないってw)
結局、チカラが抜けて1枚だけカシャリ撮ってボーーーっと帰ってきた・・・。
見間違いかしら…ゴニョゴニョ…。
昨日、下通り界隈ではストリートアートプレックスもあってて。
最近お知り合いになった福岡の方がライブに出演されるということで、ちゃっかり観てきた。
20061015_2.jpg←携帯カメラ。
ちょこっとだけ覗いて「みずあかり」に戻るつもりだったのに、気づけば一人地べたに座り最後まで観させていただきましたw
音楽はアフリカン。初めて生で聴いたかも。
お目当ての方が「特別ゲスト」と紹介されててビックリ。。
周りに合わせて手拍子しながら1人で観てたら、友達に発見され…
ちょっとだけ恥ずかしかったYO!!ヽ(;´Д`)ノ

Page 2 of 712345...Last »