健康第一

みぞの猫

ひと月ほど前に背中と左腹部に痛みを感じて以来
知人に教えてもらった整骨院(結構信頼できる☆)に通っているのだけど
その2箇所の痛みが少し和らいでいるので今度は、半年くらい前から痛かった腰~お尻あたりの左半身の腰痛的な痛みを相談してみてる。

もともと肩こりや首のこりもあるんだけど、やっぱ痛い順に訴えて改善していかねば…なのでそれは後回し。。
腰痛も、最初はそれどころじゃなかったんだけど(背中をとりあえず治してほしかった)、
今は結構そっちも気になるくらい痛い。歩くと気になる。
というか、今まで痛いのを無視してきた気がする…見てみぬふりというか知らず知らず知らんふりしてた。。

最初の数週は背中を重点的に治してもらったのだけど、
その後は腰部分に対してもいろいろ診てもらったり治療もしてもらったんだけどこれがなかなか改善されなくて。
それでも続けて色々な箇所を診ていただいていたら1つの「もしかすると」な症状が思いあたったみたい。
先生も疑い程度だったみたいだけど、詳しく話を聞いてみると私にも思い当たる節あり。

それは生まれたばかりの赤ちゃんの時にとある足の病気(?)ではなかっただろうか、というものなんだけど。
実は2年くらい前に大人になって今更初めて、自分が赤ちゃんの時になかなか立たなかったという過去を聞いた。
早く言ってよ!母! 私、平和すぎるー。
このことには脳性マヒの疑いも関係していたらしいけど(おかげさまで疑いのみ)、そのときに足が悪かったとかも言っていたので、もしかしてもしかすると…
と思ってその時の病名を母親にメールで聞いてみた。
怖くて2週間聞けなかったけど。

先生の言った病名(症状名?)はドンピシャで母親の答えと一致して私が0歳で患ったものでした。
赤ん坊の時に一旦治るんだけど、30歳くらいになると発症することが多いらしい。
そんな重要なこと、0歳のとき、母親には将来何か症状が出るかもしれないという告知はされなかったのかなーと不思議に思ったんだけど、30年も前の世の中では研究もまだ進んでいなくて加齢のせいとしかされていなかったらしい。
困ったー。。

とりあえず、筋力をつけねばなりません。。
運動するにはまず痛みを治さねばなりません。
そしてこの症状がある限り、太ることが何よりダメみたいなのです!(←原因はココにあり。)

このまえ書いた連鎖的に不都合とはこのことだったんだけど、
腰痛も背中痛もきっと太ったせいなのかも!(って、たった2・3キロ程度なのに…)
28年前の疾患が自分にふりかかろうとはー。
結構ショックなのです。

昨日まで怖くて聞けてなかったんだけど、今日親に確認して決定的になった。。

Comments

コメントする