平日

20091213.jpg
通院の日、桃谷まで行ったあたしは桃谷商店街を端から端まで歩いた。
パニック再発したとき、熊本で「もう二度と行けないのかなーあそこを歩くことはないのかな…」と思った場所には、ちゃんと足をつけておくんだ。
桃谷はなんとなくウロウロしたくなる場所。
少しおちつく。
腹へったあたしは、商店街のおくのほうで発見した韓国料理を楽しんだ。
そだねー生野はコリアンタウンだもの。
平日の昼間。
オジサンオバサンしかいなかったけれど、1人で韓国料理店へ。
注文を済ませて、ぼーっと待っていたけれど、
客の一組(オバチャン2人組)は日本語でオイシイオイシイと行っているけれど、
店主に話しかけるときは時折韓国語を織り交ぜる。
コリアンタウンで育ち、そのなかでも韓国語を使うというより、もともと韓国の生まれの人っぽかった。
店主さんたちも韓国の出身なんだろう。
オジサン客が出て行くと、食事を食べ終えたそのオバサン2人と店主2人(こちらもオバサン)の雑談タイムに変わった。
わたしは定食をウマウマと食べていたけれど、
わからないなりにその会話が気になった。
というか、チゲを食べながら韓国語のオンパレードの中に居座っていると、
あたしは一体今どこにいるんだろうと・・・フシギな気持ちにさえも・・・。
よくわかんなかったけど、テンメンジャンとサムゲタンについて熱く討論が交わされていた。
時折店主さんが「おいしーね?」とわたしを気遣ってくれる・・・
あ、暑いっす!!!
水ください!
と、熱くないお水をおねだりしました。
「まだあるよーおかわりいらない??」って聞いてくれたんだけど、
ご飯かと思いきや、なんとおかずのこと。
いやいや、おかず3品付 って書いてあったし!
もっとくれるんすか!
おなかいっぱいすー!
韓国のお惣菜は変わっていたけどオツでした。
お魚の煮付け。唐辛子まみれで辛そうだとおもったけど、いちお甘辛く煮付けてあった。
キュウリみたいなウリみたいなおつけもののようなものには桜海老がまぶしてある。
ほえー。
アットホームってすてき。

Comments

なんで、この内容で、カテゴリーがぼやきやねん

Posted by: zzzzz | 2009年12月15日 02:06

ずーたん>
たしかにそうだな。
カテゴリまで見てるひとがいたとは!!
そんなキミは私が死んだら悲しむ一人だな。

Posted by: aya | 2009年12月16日 01:50

コメントする