Cafe ‘reve

20070801_3.jpgフクオカの街で、打ち合わせ前に一人フラフラフラ…。
お洋服買う気もないので結構大名周辺歩き続けてました。
あたし的には紺屋町商店街の端のL字の角に昔からある古書店がツボ!
本なんてよまねーけど(笑)文学なんてムリだけど。
んで途中、某雑誌のスタッフさんが道端でお声をかけてくださり、カメラぶらさげ女はスタッフさんとカメラマンさんに、結構離れた場所まで連れて行かれ(あーゆーのって、路上の上でも決まった撮り位置スポットがあるようでございます)、カメラマンさんのCANONのデジイチさんにお写真を撮っていただきました。
カメラを提げてたので、移動中はもちろんカメラトーク。…ちなみに、カメラマンさんは…写真が「大好き」ではなさげでした。トホホ。
「全然撮っていいっすよー、そのかわり取り引きしません~?」
そんなエラそうなこと口走ったあたしは、きっと知り合いが1人もいない土地だからそんなこと言えたんです…。怖い怖い。心の中では常にビクビクです。
そんないきさつで、女性のスタッフさんに(若い!)「Cafe’reve」さんをご紹介していただき。
「そこにボードが立ってるでしょ??お店もすぐそこなんですけど。」と言われ、IWATAYA裏でボードを見る。
遂には撮影終わった後にスタッフさんあたしをお店のビルまで案内してくれた(TдT)
フクオカ人、なんてヤサシイノ。
今思えば500円でランチたっぷり食べたんだっけ。すんごいお財布にやさしいじゃないの!!
実は外で一人で食事した経験なんて無いような。お茶ならあるけど。
Cafe ‘reveのおにいさんはちょっとだけ変ってました。たぶん。
人のお話をたっぷり聞いてくれます。
人のお話を引き出します。
話しやすいのか、キンチョーしちゃうのかわかりませーん。
昼も似合えば夜も似合う方でした。
大人っぽくてでも若いような気もして、お歳を聞くとずばり、タメでした・・・。(そりゃどっちにも見えるわけだぁ)
名前も聞いてませんがかれこれタコライスを注文して食べ終わるまでずーーーーーっと喋っててくれました。
夜はバーになるそうで。
残念ながらフクオカは日帰りが多くて、飲めることはまずないですー(泣)
でも、機会があったらぜひまた!
たぶん合言葉は「うしおととら」。


※写真の現像おわったらタコライスが載る予定w

Comments

コメントする