荒尾に行ってきた!!

2日前の日記を書き直し!
どこに行ったか伏せてきましたが、火曜日、荒尾まで行ってきましたー。
何をしに行ったかというと。
先週、会社にて取引先の方に大きな荒尾梨を頂いて。
すんごい大きくて、甘くて「これは贈り物にピッタリではないかー!!」とビビビときまして、長い間贈り物をしたいと思っていたお相手がおりましたので、荒尾梨を買いに行きたくてたまらなくなりました。
で、せっかく買うならあの頂き物の梨を買ったのと同じ所に行きたい!!!味は確かだ!
そう思って社長に頼んで贈り主の取引先のおじさんに聞いて貰ったら「荒尾で買った」とのこと。
やっぱり原産地か!
おそらく同じ熊本なので、デパートとかに行けば熊本市内でも簡単に買えるのだろうけど、それは味気なさすぎるー!
贈り主のおじさんに荒尾のどこのお店かというところまで聞いてみてもらったものの、説明は「裁判所から208号線に出る途中の道沿いのくだものやさん。JAの梨やさんの2軒隣だんねー」というめちゃくちゃアバウトなお返事。
うーん・・・よ、よし!そこを探してやる!!
と思って行ってきた訳です。
日記書いて何が届くのかお相手に分かっちゃうのもアレなので伏せてましたが、荷物も届いたようなので、日記解禁です(笑)
最初は1人で行く予定だったのだけど、その日お昼に弟がちょうど学校から帰宅してきたので「ラッキー♪」運転手してもらって行ってきました。うふふ。
荒尾までいく道の途中には梨やさんもいーーーーっぱい道沿いにあって、弟にも「こことかのほうがいいんじゃない?」って何度も言われた…。
いやいや、せっかくだから探しましょうよ。
と、例のアバウトな梨やさんを探す気満々で荒尾に向けて北上。
途中、「あ!」と思いついたのが「メロンパン」。
荒尾の有名なメロンパンを買いたい!と思いつき、寄り道を考え始める。
最近、こういう時いつもi-modeでGoogleとYahoo!モバイル地図を駆使する(笑)
一番有名な老舗「万幸堂」というお店があるんだけど、そこはちょっと通り道ではないのと、Googleで見たら別のところも意外と美味しそうで。
ふくやまベーカリー」というところに行ってみる事に!!i-mode画面上で見かけたクチコミ情報が正しければこちらは万幸堂で働かれていた職人さんが独立して営業されてるらしい。
まぁ、詳しいことは知らないし、メロンパンマニアでもないので、とりあえずウマウマならいいのです!!(笑)
で、これ。
20061017_3.jpg会社の方々は梨は最近食べておられるので、
メロンパンをお土産にしよう。
会社と家族とで10個買いました。
ウマウマでした。せっかくならギニューと食べないとねー!
荒尾に行った時はだいたいいつも通ってるあの道にメロンパンやさんがあったとは!気づかなかった。


気を取り直して。アバウトな梨やさん探しに戻る。
結局上に書いたとおりのおじさまから聞いた説明では辿り着けず…orz
荒尾の裁判所って「簡易裁判所」で、すんごい住宅街で。
行ってはみたもののくだものやさんはほとんど見当たりませんでした。
うーん。
と、とりあえず梨は帰り道にある梨やさん(思い当たる所があった)で買うことに。
で、ひとまずもう一度目的地変更!時刻はもう16時…。
夕方なのでちょっと迷ったんだけど…。
家を出る時ボソッと弟に切り出してはいた・・・ずっと行きたかった「万田炭鉱跡」に行ってみる事に!
わー!!!炭鉱跡!!!♪ 。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ
三井三池炭鉱の一部として、荒尾に昔あった「万田炭鉱」。
今は「万田炭鉱館」という資料館が建ってて。
そこらあたりまで情報は知ってたんだけど、実際炭鉱跡がどこに建ってるかまでは把握してなかったんだけど、とりあえず「万田炭鉱館」を目指すことに。
荒尾第五中方面を目指して走行。
途中、大牟田と繋がっている貨物専用の線路と道路(荒尾は今は貨物走ってないそう)が平行して走って、鉄道マニアーな弟はちょっとウハウハ 。・゚・(ノ∀`)
「万田炭鉱館」発見!!!(このとき既に16時くらい)
でも、資料館がみたいのではなく、できれば遠めでもいいから本物の炭鉱の建物が見てみたい。しかしドコだろう…ないよなぁ残ってるのかなぁ。
と思って通り過ぎてちょっと行ったら(ほんの50mくらいw)「万田炭鉱跡」の案内板が立ってる!
「うそ!?跡ってやっぱりまだ残ってるんだ!?」と進んでみる。
今では民家の奥にひそかに建ってる「万田坑」を発見。
小さいながらも、歴史を感じる建物が現れました。
来るかどうか分かんなかったけど、一応カメラ持ってきてよかった!!
一眼にフィルムを装填し、写真を撮る(笑)
炭鉱の中には入れないと覚悟して行ったので、最初は塀と柵の外から撮っていたのだけど、外周を見て周っていたら、塀は途中までしかなかったのでした。。
というわけで入れましたので中も見てきました。
今回、荒尾に1人で行かなくてよかった。弟いてくれてありがとう。
正直、雰囲気と空間の空気はちょっとだけ怖かった。
風化しすぎてて、誰にも使われず、誰もおらず。
危ない所もあったと思うし。
本当は、万田炭鉱館に連絡をして行くと、案内までしてもらえ、建物の中まで入っていくことが出来るのだと思うけど、外からでも十分見ごたえありました。
万田坑携帯カメラで撮って、色調補正もしてないのにこんな色味が出るってどうなんだろう。
どう考えてもステキすぎる。
塵が舞って白い空だったのに、青みがかった空が写ってるし。
壊れてるのに迫力あるし。携帯のカメラも捨てたもんではないのね。
SH902i


国指定の重要文化財となってはいるものの、かなり風化してて、整備もされてなくて。
これじゃいつか近いうちに、案内付きの見学もなくなっちゃうんではないか??と思ってしまいました。
万田坑
帰宅後、偶然にもこの日の新聞には産業遺構を世界遺産にという記事が。
【グラバー邸など九州12カ所、世界遺産目指す(長崎新聞)】
【世界文化遺産の国内候補 集成館など12件提案(南日本新聞)】
そうなるともっと見学できなくなってしまうね。
半分しか見れなかった。近いうちにまた絶対行く!!一緒に行こうよ、誰かー!
帰りは梨やさんに寄りました。オマケに傷んだ梨をくれたり、手紙を同封してくださいと頼んだら封筒までくれたし。
あそこの梨やさんはほんとにいいし、賑わってた。

Comments

新鮮生写真!
カメラなんて関係ないのね。
写っちゃうもの。
パワーあるね、レンガの壁。

Posted by: shige4343 | 2006年10月18日 18:21

shige4343さん>
デジカメを未だに持っていないので、携帯を選ぶ時にカメラを重視して選んだんです。で、DOCOMO SH902i。
315万画素あるカメラは、いつ何をどう撮ってもいい感じに撮れなくて…。
こんなにキレイに撮れたのは初めてです。ほんとに感動。撮った後に確認画面で見ても、日光の下で、逆に画面が暗くてさっぱり見えなくて。
帰ってきてパソコンで開いてウハウハしました!!
被写体のおかげ。レンガ万歳。みどり万歳。
今すぐにでももう一度行きたい場所です。

Posted by: aya | 2006年10月19日 00:29

えっ?
梨、届いてませんよ!

Posted by: zenq | 2006年10月20日 07:57

zenqさん>
・・・あれ?
住所→琵琶湖のほとり
名前→ぜんじろう
で送ったけど届いてませんか!?w
P.S お空の写真は、写真のなかの5%の部分だけがお空でもOKだそうですよん♪

Posted by: aya | 2006年10月20日 10:14

荒尾の隠れた名品として、
・黄金焼きそば
・パンダ焼き
・りんご牛乳
も是非ご賞味ください。
荒尾なし(荒尾新高)は私も毎年
送られてきていただいております。。
千葉の新高もおいしいですが
荒尾新高がやはり良い気がする。。
そして、新高に対抗すべく新梨も
じきに登場じますよ。
詳しくは私の古いブログ記事を。。
(http://kmstudio.exblog.jp/m2005-10-01/#1245579)

Posted by: kou | 2006年10月23日 12:25

kouさん>
全部知りませんwその名物たちw
ってか毎年貰うんですね。ほうほう。
私が買いに行った販売所でも「今日も1軒お願いしたいんですけどー」って近所の人が常連のように来てました。
いいですよね、贈り物と言えばコレっていう地元の何かがあるって。
ちなみにmixiで教えてもらったのだけど、メロンパンはここのを買ってよかった!
色々あるみたいで、こっちを買って正解だったと知って、喜んでおりまする。うふふ。

Posted by: aya | 2006年10月23日 23:52

荒尾の炭鉱跡は知りませんでした。今度行ってみようかな。最初の写真が携帯とすればなかなかですね。さよか。

Posted by: Tobiq | 2006年10月23日 23:58

Tobiqさん>
うふふ。荒尾、カナリ楽しませていただきました。
もう少し三池寄りに宮原炭鉱って言う所もあるようで気になってはいるのだけど、そちらも何か残ってるのかは不明。
こちらの炭鉱跡は、ほんと、ここまで見れるとは思ってなかったのでこっちにきてヨカッタなと。
私にとってはすごく魅力的な場所だったけれど、危ないのは間違いないですし、お気をつけてくださいね。
申し出て案内してもらうともっと勉強になるのでしょうけど。
「さよか」とゆー言葉は初めてききました。大阪風味ですね。

Posted by: aya | 2006年10月24日 00:06

コメントする