コインロッカーベイビーズ

20060821.jpg
最近ネットを通じて知り合った方と数回やりとりしているときに、
「そういえば『コインロッカーベイビーズ』に軍艦島に似た風景が出てきた」
と教えていただいて、
ぬぉぉおぉ!!!そうだったっけか?!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ
と思ったのは先週のこと。
『コインロッカーベイビーズ』っていうのは、かの有名な村上龍氏の書いた作品。
私は、勉強なら数学が大好きだったし、国語とか苦手で、読書も大の苦手で、これまで読んだ本の数なんて、数えるほどなんだけど、これは偶然にも読んだことがあったのです。
(きっかけは…音楽誌で大好きだった某ミュージシャンが愛読書として紹介してただけ。)
このとき、村上龍の作品を初めて読んだ私は、
村上龍氏の作品独特のエロ・グロの描写に動揺しつつも、時間をかけてやっと読み終わったものです…。
村上龍氏は長崎の出身なので、九州がかなり登場。
その中に・・・長崎の軍艦島の風景・・・出てきたかなぁ。
あんなに印象深い作品だったのに。もう覚えてない・・・。
上・下巻に分かれてるんだけど、文庫本を2冊とも買って、珍しく読書をしたのが高校生の頃。
印象には強く残ったはずなんだけど、いざどんな話だったか思い出そうとすると・・・既に記憶は薄く・・・。
読み返したいんだけど、昔、付き合ってた人にオススメして貸したまま、返してもらってないわー。
(←ススメたはいいけど、多分読んでないし…。)
だから手元になくて読み返せない…。うう。
「まだ持ってる?」ってその人に連絡してみようかと思ったけど(笑)
気まずいのでひとまずやめ。
ブックオフに行ってみることにした。
あったあった!だけど1冊250円(´・ω・`)ショボーン
うーん・・・うーーーーーん。
「あ!」
100円コーナーに移動してみる。
あったー!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
というわけで200円で再び私の手元にきたコインロッカーベイビーズ。
問題は、読書嫌い+最近忙しめ+疲れ気味な私がいつ読むのか…。
買ってきっぱなしにならんように、誰か私にときたま突っ込んでやってくれぃ!

Comments

コメントする