城下町のカメラ修理店

20060524.jpg
ずっと気になってたカメラ修理やさん。
!行ってきました!!
1人で・・・_| ̄|○
店の前を通ると外から見える、棚にいっぱい並んだ銀塩、アナログカメラたち。
その店のある道路は一方通行だし、それを抜けてもどこにもいけるわけでもないので前を通る人はたぶんかなり少ない。
私は何で「カメラやさん」に行きたいんだろう・・・。持って無いくせに。
でも、色んなカメラがいーっぱいあるところは落ち着く気がする。
ネットや本でしか見たこと無いカメラを実際見れてワクワクするのかもしれない。
自分じゃ一個も持ってないのだけどさ。
———————————————
最初、すっごい店の中をじろじろ見つめまくったんだけど、
誰も店員さんらしき人が居ない・・・。
棚のカメラはこれでもかー!!ってくらい誘惑してくるんだけど、勝手にジロジロ見るのも気が引ける…。
第一、入り口から身を乗り出すように中を覗いてるヒールのパンプス履いた若い女の子(無理がありますか?え?)なんて怪しすぎる・・・。
・・・今日もあきらめようかな・・・。
そう思って帰りかけて200メートルぐらい離れ…。
「いや、やっぱ勇気を出して声かけてみよう。」
もう一回戻って今度は
「すみませーーーん!!」
と遠慮がちに叫んでみる。
鈍い反応で、結構若めのおじさんが登場。わほほーい。おったぞ。
今日はハーフで撮ったフィルムを手に持ってたんで、それを現像しようかと思いつつ、これは口実だったりして。
「ココってフィルムの現像とかもやってますか??」
しかし「ココではやってないんだけど…(やってるけど外注っぽい)。だけん今日はもうムリねー。」だそうで。
仕方ぬぁい。
勇気を出して、、、続ける。
「ここ、カメラすっっごいいっぱいありますね。以前から前を通るたびにすんごい気になってたんです。あ、CANONのカメラしか修理しないんですか??」
(この時点では、CANONの技術認定の看板が掲げてあったからそう思い込んでたんだけど、今思うと、せっかく技術持ってるのに、んなはずねぇだろ。と自分で思う・・・汗。ばかだ。)
もちろん「そんなことないよ。」というお返事。
棚に並んだ(多分軽く100台くらいあったと思う。)銀塩カメラたちは、ほとんどどれも動くんだそうです。
てっきり部品取りとかかと思って「全部動くんですか?」って聞いたんだけど。まさかほとんどが動くとは。
あんなに一度にたくさんのカメラを見たことはほんと人生で初めて。
CANONのマニュアル一眼をはじめ、NICONの一眼もあったし、
あとは…ローライの二眼のやつかな?もいくつかあった気がする。PENもあったかなぁ。
あれはまじでパラダイスです。
「今は銀塩カメラも減ってきてるから…」と言っておられて、
もちょっと話に乗りたかったけど、正直私カメラのこと分からな過ぎる~!!(悲)
絞りとか未だにわかんないし。
今日のところは、私だけでは会話に限界があったので、
ちゃっかり「また見に来てもいいですか!!??」とお願いしてきた。
社交辞令かもしれないけど「いいですよー」って言ってくれた。
営業してる曜日もうっすら聞いてきたので、再々リベンジしたいと思います。
今度こそカメラに強い人をお供に…。ふぅ…。
※しかも帰りにまたもう一軒「カメラ店」を発見してしまったぁ!!

Comments

コメントする