エリテマトーデスの脱毛

今「全身性エリテマトーデス」という病気のせいで、髪の毛の脱毛が止まらないのです。
もう1ヶ月以上前から・・・。
なので、そろそろかなり減ってしまったので帽子ナシでは外出がつらくなってきました。
病気だから仕方ないんだけど、やっぱり女にはつらい。
どこも痛くもないけど、心が痛む( ;´Д`)
普通、人間は平均1日約70本とかの抜け毛が当たり前らしい。
それに比べると、今のあたしの脱毛は多分10倍以上の勢いとか抜けてると思うから1日700本とか下手すると4ケタ抜けてると思う。
2ヶ月近く毎日毎日、散々抜けまくってもしばらくは見た目わからないんだから、髪の毛ってすっごい多いんだなとある意味感心。
体験してみないと分からないけど、ほんとにボロボロ抜けるのです。
実は、高2の冬にも1度全く同じことになりました。
というかその時、髪が抜け出したのをキッカケに検査を受けて自分が膠原病だということが発覚したのです。
その時は約2~3ヶ月たった頃にチクチクと新しい髪の毛が生え始めた!
毛根が再び正常に働き出したためだそうで。
今回は、この時の1度の体験があるからこそ
「2~3ヶ月の辛抱だ!」
ってある意味開き直れてる面もあるけど、全く信じていいモンでもないし。
もしかするともっと早く止まるかもしれないし、
もしかすると半年とかそれ以上まで長引くかもしれないわけで…。
今、もう抜け初めて1ヵ月半くらいたったので、早く止まらないかなって思うけど。現実はなかなか…。
毛根が正常に働き始めるのをひたすら待つしかないって言われて、特に薬もない。
髪を洗えば排水溝フタふさがるほど髪の毛が抜ける。
洗った髪を拭けばポロポロとタオルに髪の毛がくっつく。
朝起きて手グシを通すといっぱい髪の毛が取れる。
髪の毛が抜けるって「大したこと」じゃなくて
どこか痛いとか、どこか身体の一部が一生よくならないとか
そういうことに比べたら小さなことで
帽子被って体調が戻るのを待ってればいいだけのこと。
けど、分かっていてもやっぱりツライものです。
きっと自分が男に生まれていてもつらかったと思う。
早く治らないかなあ…
せめて帽子が似合う人になりたい。。丸顔のワタシ。

Comments

コメントする